T.M.F. 協会概要 活動内容 入会案内
日仏メディア交流協会
ホーム ホーム サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
活動内容
image
映像と講演:オムニバス映画「七つの大罪」
(2007年02月02日 開催)

映像と講演 
映像: オムニバス映画「七つの大罪 −Les Sept Péchés Capitaux」1952年作
講演: 萩野 弘巳 氏

IVCF-2082%BC%B7%A4%C4%A4%CE%C2%E7%BA%E1.JPG

2月2日(金)
***映像と講演:オムニバス映画「七つの大罪」***

講演 萩野 弘巳 氏
18:00 日仏会館1階ホール
18:00  開会
18:10〜19:20 DVDビデオ上映「七つの大罪」Les Sept Peches Capitaux 1952         
19:30〜20:10 講 演 萩野 弘巳 氏
20:10〜20:40 懇親会 

映画「七つの大罪−Les Sept Peches Capitaux」1952年制作。仏伊の有名監督が、有名俳優で制作した7話からなるオムニバス映画。全編2時間18分だが、そのうち後半4編(1時間10分)を上映。出演俳優は「狂言回し」にジェラール・フィリップが素晴らしい軽妙な演技を見せる他、フランソワーズ・ロゼー、ミシェル・モルガン、アンリ・ヴィダル等が名演技を見せる。「七つの大罪」は日本ではあまり知られていないが、カトリック世界では文学や民話の主題となるほどポピュラーである。普通、1−傲慢、2−嫉妬、3−貪欲、4−淫欲、5−大食、6−怒り、7−怠惰。これらは人間の欲望に基づいた、罪というよりは、仏教でいう「煩悩」のようなもので、その点あまり仰々しく論ずべきものでなく、フランス人イタリア人もこのように軽妙に扱えるのだと思う。

上映するのは後半の4つの罪。

第4話L'Envie 嫉妬−ロベルト・ロッセリーニ監督。コレットの『牝猫』の脚色。

第5話La Gourmandise(日本語訳では美食となっているが、むしろ大食、暴食)−カルローリム監督、アンリ・ヴィダルの名演技。これもヨーロッパでは有名な小話。

第6話L'Orgueil高慢(傲慢−むしろ誇り−虚栄)−クロード・オータン・ララ監督。フランソワーズ・ロゼーとミシェル・モルガンの粛然とするような名演技。

第7話「?」−教会の定めた7つの大罪に入らない第8の大罪、種明かしはいかがかと思うが、敢えて言うならば「妄想の罪」。アッと言わせるおち。ジョルジュ・ラコンブ監督。ジェラール・フィリップ主演。


<講師プロフィール>

元NHK欧州総局長、現在、放送大学客教授、TMF日仏メディア交流協会常務理事

主催:財団法人日仏会館・協会、TMF日仏メディア交流協会
協力:株式会社アイ・ヴィ・シー、株式会社エモア



« | ホーム | »


Copyright 2007- © T.M.F. All rights reserved. |協会概要|活動内容|入会案内|