T.M.F. 協会概要 活動内容 入会案内
日仏メディア交流協会
ホーム ホーム サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
活動内容
image
【映像と講演】 シュルレアリスムが見た夢 ── 映画 『アンダルシアの犬』+『黄金時代』
(2016年10月26日 開催)

2016年10月26日(水)

【映像と講演】
シュルレアリスムが見た夢 ── 映画
『アンダルシアの犬』+『黄金時代』

découvrir les films du Surréalisme
"Un chien Andalou" et "L'Âge d'or"

【開催日時】
2016 年10 月26 日(水) 18:00 (17:30 開場)

【場 所】日仏会館ホール(恵比寿駅より徒歩10分)  定員: 120名

*日仏会館のウェブサイトのトップページの「イベント参加登録」からアカウ ントを作成し、事前申し込みをお願いいたします。
インターネットを利用して いない方は電話(03-5424-1141)にて参加登録をお願いいたします。

【主 催】公益財団法人 日仏会館/TMF 日仏メディア交流協会
【協 賛】アイ・ヴィー・シー/エモア/ジュネス企画
【参加費】主催団体の会員無料(非会員: 講演・懇親会費用として、一般1000円、学生500円)

『アンダルシアの犬』(Un chien Andalou)/『黄金時代』(L'Âge d'or)
   1928, 30 / France / 16+ 60min. / noir et banc / 日本語字幕付
監督・編集:ルイス・ブニュエル/脚本:ルイス・ブニュエル、サルバドール・ダリ/
撮影:アルベール・デュベルジェ
出演:ピエール・バチェフ、シモーヌ・マルイユ(『アンダルシアの犬』)
   ガストン・モド、リア・リス、マックス・エルンスト(『黄金時代』)
  

【プログラム】
18:00 開会
18:05〜19:25 DVD上映
19:35〜20:10 解説・講演 + Q & A(会場より)
20:10〜21:00 懇親会

【作品紹介】

シュルレアリスム運動が魅せられたもの。そのひとつが映画=シネマトグラフだった。
動くイメージを直裁的に見せてくれる映画の出現は、20 世紀初頭の芸術運動にさまざまな影響を与
えてゆくことになる。革新的な表現形態を模索していた芸術家たちにとって、映画は格好の、そして新たな表現手段であり、まだ見ぬ20 世紀的芸術の大きな揺りかごとなっていったのだ。
わけても、人々の無意識下に生起するさまざまなイメージをダイレクトに提示することができる映画は、
その技法とともに、'20 年代半ばに興ったシュルレアリスム運動に多大なモティーフを提供することになる。
その代表作であると同時に参照作品でもある、ルイス・ブニュエルとサルバドール・ダリによる『アンダルシアの犬』と『黄金時代』を再発見する。上映当時、スキャンダルとそれにともなう上映禁止措置によって勇名を馳せることになった両作が、21 世紀のいま、なにを語りかけてくれるのか? 「芸術照応の魅惑協;[沼臉鏨峇のパリ:シュルレアリスム、黒人芸術、大衆文化」との連動により、シュルレ
アリスム映画の新相貌を見つけてみたい。


【お問い合せ先】
日仏メディア交流協会 事務局 
TEL:03‐5410-2654
E-mail:info@tmf.cc

以上



« | ホーム | »


Copyright 2007- © T.M.F. All rights reserved. |協会概要|活動内容|入会案内|