T.M.F. 協会概要 活動内容 入会案内
日仏メディア交流協会
ホーム ホーム サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
活動内容
image
6/16(水)【映像と講演】『ガーターベルトの夜』と1980年代フランス映画
(2010年06月16日 開催)

日仏会館と日仏メディア交流協会の共催により、下記のとおり映像の上映と講演会を開催いたします。

■開催日時:  2010年6月16日(水)18時(17時30分開場)
■場所:    日仏会館ホール(恵比寿駅徒歩10分)
■参加費:    1,000円(学生500円、日仏会館会員・日仏メディア交流協会会員無料)
■定員:     当日先着120名

<タイムテーブル>
18:00   開会
18:10-19:35 DVD上映「ガーターベルトの夜 ―La Nuit porte jarretelles」
     1984年制作 フランス作品 カラー・日本語字幕付 85分
     監督・脚本:ヴィルジニー・テヴネ
     撮影:アラン・ラスファルグ
     音楽:アンドレ・ドゥメ、ミカド、ヴィルジニー・テヴネ
     編集:ジャクリーヌ・マリアーニ
     出演:ジュザベル・カルピ(ジュザベル)、アリエル・ジュネ(アリエル)
        キャロリーヌ・ローブ(ルイーズ)、ジャック・ド・ガンズブール(フレデリック)、
        エヴァ・イヨネスコ(アルバーヌ)、アリエル・ドンバル(ラスファルグ氏の秘書)
19:50-20:30 講演 杉原 賢彦 氏 (映画批評・慶應義塾大学講師)
20:15-20:45 懇親会

作品紹介
最新モードに彩られた夜のパリ。性行動にかんするアンケート取材中のジュザベルは、ある夜、立ち寄ったパーティで、はにかみ屋の年下少年アリエルと知り合う。そのままベッドで過ごす……予定が、なぜか夜の街へと飛び出し、あちらこちらと冒険の果てに……。
1980年代、日本はもちろんのこと、フランスでも新たな風俗が出現し、それにともなって映画も変容を遂げようとしていた時代と街の風景を、キリリとトレンディに切り取った、ヴィルジニー・テヴネの代表作。
さまざまな風俗とその背景に見え隠れする人間関係そのものの変化、そしてプラスティックでニューロティックな性etc.。いま見ると、気恥ずかしくもありながら、しかし、なにかが過剰だった時代の空気が充満していることに気づかされる。
作品とともに、'80年代のフランス映画についてとらえ直してみる。



« | ホーム | »


Copyright 2007- © T.M.F. All rights reserved. |協会概要|活動内容|入会案内|