T.M.F. 協会概要 活動内容 入会案内
日仏メディア交流協会
ホーム ホーム サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
活動内容
image
5/25(火)【ドキュメンタリー上映会】しかしそれだけではない。加藤周一 幽霊と語る
(2010年05月25日 開催)

日仏会館と日仏メディア交流協会の共催により、下記のとおりドキュメンタリー上映会を開催いたします。

■開催日時:  2010年5月25日(火)18時(17時30分開場)
■場所:     日仏会館ホール(恵比寿駅徒歩10分)
■参加費:   1,000円(学生500円、日仏会館会員・日仏メディア交流協会会員無料)
■定員:    当日先着120名

<タイムテーブル>
18:00 開会
18:05-19:40 DVD上映「しかし それだけではない。加藤周一 幽霊と語る」
2009年 日本映画 ドキュメンタリー95分
監督:鎌倉英也  プロデューサー:桜井 均 他
出演:加藤周一
19:50-20:30  講 演 桜井 均 氏
(元NHKスペシャル番組センター、エグゼクティブ・プロデューサー。現在は、NHK放送研究所にて、アーカイブ゙研究を行っている。立命館大学映像学部客員教授。立正大学文学部教授)

戦後の日本を代表する知識人として発言を続けた加藤周一が最後に残したメッセージを、彼自身の歩みとともに構成したドキュメンタリー。

文学を始めとする芸術全般、文明、社会、政治と、幅広い視点から日本について語り続けてきた加藤周一。2008年12月にこの世を去った彼が最後に試みたのは“決して意見が変わることのない”幽霊たちとの対話だった。戦時中に、自らの運命との共通性を感じた源実朝、自由な言論が失われた中でも意見を曲げることのなかった神田盾夫、渡辺一夫といった恩師たち、そして、学徒出陣で戦地に向かい若い命を落とした友人。彼らに語りかける加藤の言葉の中から、日本の今と未来が浮かび上がる。若い世代への期待を語った講演と生前最後のインタビュー(2008年8月)も収録。



« | ホーム | »


Copyright 2007- © T.M.F. All rights reserved. |協会概要|活動内容|入会案内|